ピックアップ

    引用元: ・【エロ漫画家】遊人の豪邸凄すぎワロタwwwwwwww【画像】

    関連記事
    【【エ◯漫画家】遊人の豪邸凄すぎワロタwwwwwwww【画像】】の続きを読む

    1: アルゼンチンバックブリーカー(空)@\(^o^)/ 2014/06/28(土) 22:30:34.81 ID:9MuqKwy5i.net BE:601732212-PLT(14019) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/anime_kuma01.gif
    築浅でも油断は禁物!「ゴキブリが大発生する」家の特徴7つ

    今年もいよいよ、“黒いヤツら”が暗躍する時期を迎えました。キッチンで、風呂場で、寝室でカサカサカサ……ヤツらはまさに神出鬼没。そう、人類の大敵“ゴキブリ”が大発生する季節です。

    “ゴキブリを1匹見かけたら、その家には100匹は生息している”なんて俗説もありますが、ゴキブリの発生・繁殖を防ぐには一体どうすればいいのでしょうか? 

    今回は、花王のハッピー家事メディア『マイカジスタイル』の記事をもとに、ゴキブリが発生・繁殖しやすい家の特徴7個をお届けします。

    ■1:庭・ベランダに植木鉢がある
    園芸が趣味というかたは要注意! 植木鉢にはゴキブリの卵が産みつけられていることがあるのだそうです。

    万が一、卵が孵化しても家のなかには侵入させないよう、植木鉢のそばに毒エサを置いて撃退しましょう。

    ■2:宅配便の段ボールを室内に置きっぱなしにしている
    意外なことに、宅配便の段ボールに卵や成虫がくっついていて、まんまと家に侵入させてしまうこともあるといいます。

    段ボールは家のなかに置きっぱなしにせず、ゴミの日までは玄関の外などで保管しましょう。

    ■3:お風呂の排水溝に髪の毛が絡まっている
    ゴキブリは、実は人間の髪の毛が大好物! また、ジメジメした場所を好むので、お風呂の排水溝に髪の毛が絡まっていると、ゴキブリにとってまさに天国のような環境となります。

    排水溝の髪の毛は放置せずにコマメに取り除くようにしましょう。

    ■4:ビールの飲み残しを放置している
    ビールのおいしい季節ですが、缶やビンの飲み残しを放置しないようにしましょう。ゴキブリはビールも大好物なので、飲み残しがあるとニオイに吸い寄せられてやってくるといいます。

    飲み残しはきちんと捨てて、缶やビンを水でゆすぎましょう。

    http://www.news-postseven.com/archives/20140628_263427.html

    【今年もヤツらがやって来る!「ゴキブリが大発生する」家の特徴7つ】の続きを読む

    1: Hi everyone! ★ 2014/06/24(火) 23:36:45.58 ID:???.net
    ソース(ウォール・ストリート・ジャーナル日本版)
    http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303319204579641631324058724
    no title


    1.「あなたの子どもに売り込むために大金を費やしている」 

     米国では肥満や糖尿病など食品関連の健康問題を抱える人が増えたことで、私たちは間違いなく、これまで以上に自分が口にする
    ものに気をつけるようになった。しかし、スナック菓子業界は相変わらず強大な経済力を誇っている。調査会社IBISワールドによると、
    スナック菓子業界はこの5年間、年率3.8%のペースで成長を続けており、今年の売上高は346億ドル(約3兆5300億円)に上ると予想
    されている。IBISワールドはリポートの中で、業界の未来は「明るい」との見方を示し、米国経済の回復が「スナック菓子の内需、外需を
    押し上げる」可能性が高いと予想した。

     スナック菓子メーカーが成功しているのは、子どもをターゲットにしたマーケティングをあらゆる場所で効果的に行っているからだ。
    米連邦取引委員会(FTC)が2012年に公表したデータによると、米国の食品・飲料産業は若者向けのマーケティングに年間17億9000万
    ドルを投じている。そのうち、10億ドルは2歳から11歳までの子どもを対象にしたものだ。

    2.「われわれはオエッとなりそうな材料も使っているし……」 

    no title


     多くの場合、消費者はスナック菓子に何が含まれているのかをはっきり理解しているわけではない。相当不快な材料が使われている
    ことがあることにも気づいていない。驚くほど一般的な材料の1つに、カブトムシの死骸をゆでてすりつぶしたものがある。フルーツジュース
    やアイスクリーム、キャンディーに赤や紫、ピンクといったかわいらしい色合いを出すためによく使われている。ミシガン州アナーバーの
    内科医、ジェームズ・ボールドウィン氏によると、「一般的な着色料」だそうだが、まれにアナフィラキシーショックを引き起こすことがある。
    しかし、一般的には、米食品医薬品局(FDA)が認可し、食品に使用しても安全であると判断している。

    3.「……他国で禁止されている材料も使っている」 

    no title


     米国で販売されているスナック菓子にごく普通に使われている材料の中には、他国で禁止されているものもある。健康促進団体が
    体に悪影響を与える可能性があると当局を説得した結果、禁止に至った。食品の安全と環境保護に取り組んでいる環境ワーキング
    グループ(EWG)によると、130を超えるブランドがアゾジカルボンアミド(ADA)を約500種類の加工食品に使用している。

     食品メーカーは食感をよくするためにカップケーキやクッキー、クラッカーなどの食品にADAを使用しているが、ADAはヨガマットや
    ビーチサンダルなどのプラスチック製品にも使われている。米国ではADAの食品への添加が認められているが、欧州連合(EU)では
    禁止されている。

    >>2以降に続く)

    【【菓子】スナック菓子メーカーが語りたがらぬ10の事実…「オエッとなりそうな材料も使っている」「賞味期限?そんなもの誰も気にしない」】の続きを読む

    このページのトップヘ